So-net無料ブログ作成

8/28、ST川、何とかかんとか。。。 [釣り(千葉・茨城)]

8/28(日)。
起床は4時、ST川到着は5時過ぎ。すっかり出遅れた。。。
過ぎ去る夏を惜しむかのように、流域にはかなりの数のBasserが……。
でも、いつものポイントは空いていたのですかさず駐車。
とりあえず本流・水路を眺めてみると、超大減水(^_^;
去年のこの時期はそんなことなかったです。ちょっと調べてみると、どうやら大震災の影響で霞ヶ浦全域の水量を抑えているとのこと。STはほぼ人工河川なので、その影響を受けているのでしょうか???

この状況では、マジで望み薄。
流芯まで全域シャローといっても過言ではないので、あるいはトップへの反応がよくなるかと思ったけどそんなこともなく。。。

ここで、かつらぎさんが登場。ものすごい久しぶりです(^-^)
かつらぎさんは水路、僕は本流でスタートするも、お互い音ナシの時間帯が続きます。
その後も、手分けするかのような配置でお互い行ったりきたりしますが、やはりタフ。。。
このままだとボーズ確定。
とりあえずさほど暑くならないうちに移動しようと、かつらぎさんと別れて僕はH川へ。
かつらぎさん、お疲れ様でした~。

H川に移動すると、おかっぱりも多いけどフローター3名、アルミも3艇確認。。。
フローターはともかく、エレキ全開(エンジンじゃないだけマシっちゃあマシだけど)で僕やヘラ師さんの前を通らないで欲しいんだよね~~( ̄^ ̄)

気を取り直して護岸&戸板周辺を撃つ。ときにはシャロークランクを巻く。

……異常なし。。。
この季節にボーズは避けたい。でも、すでに太陽が照り始めてるし、ここから水郷への移動も時間がもったいない。


強烈な日差し+減水。
こうなったらシェードしかありえないな。それもできれば水が動いているところ……。
やっぱり、水路しかない。

ST上流へ戻る途中にある小水路をのぞいて回るも、ことごとく水がカフェオレ状態。
途中、ベイトが湧いているように見えたポイントにフリックシェイク3.8inを放ると……
DSC_0301.JPG
20cmくらい(^^; カウントしていいのか?ってくらいだけどとりあえずカウントします。

結局、いつもの水路――振り出しに戻る僕(^^;
水路最下流はエサ釣りの方が陣取ってたので、まずは上流へ。
ルアーを切り札のドライブクローラーにチェンジ。ジグヘッドワッキーにリグって、対岸のオーバーハング下だけを狙って撃つ。
やや上流のシェードに落として、ちょっとよそ見をすると、なぜかリグが下流に移動している(^^;
ビックリしてあわせると……。
DSC_0302.JPG
38cm。すっごいファイトでした。。。立て続けに、今度は押さえつけるようなバイト。
DSC_0303.JPG
35cm。やっぱり、正解はシェードっぽい。
次は、岸から少し離れて手前のシェードにドライブクロー(ヘビダン)をソロソロと落とすと……。
DSC_0304.JPG
36cm。
朝の苦戦がウソのようです(^-^)
どうやら、太陽が照りだしたことでシェードの集魚力が増したらしい。こんなこともあるんだな、と。

ソコソコ満足して、帰ろうかなと思ったら学生時代の同期が登場。。。
H川で小バスを1本釣っただけというので、「シェードだけに絞れ」とアドバイスしつつ、再度いっしょに水路へ。
で、彼があっさりとカットテールで41cmをキャッチ。。。
ちょっと悔しい(^^;

夏の王道とはいえ、シェードの威力を思い知りました。終わってみれば、減水した結果、オーバーハングと水面の間が広がって撃ちやすくなったのも吉でした。。。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

8/20、ST川 [釣り(千葉・茨城)]

8/20(土)。
雨の予報だったけど、3時半の段階では降っていない。
ってなわけでGo!

4時半過ぎに到着。準備をしてる間に明るくなってくるのはいつものこと。
まずは本流でトップウォーターを試すも、ノーバイトなのもいつものこと(^^;

水路に入ってみる。いきなり上流からアプローチ。
前日はかなり雨が降ったはずで、実際に排水口からはガンガン排出されてるのだが……。
すっごい減水している(゚Д゚;)
なぜ? 
いつにもましてマッディウォーターだから水底が見えるほどではないけど、たぶん40cmもないんじゃないだろうか?
かなり期待薄。。。
本流も雨の影響で超マッディ。カバーが皆無と化している今年のSTでは、濁りをカットしてくれる植物帯もない。

ってなわけで、久々にH川上流部へ。
しかし、ここも濁っている。ってゆーか、油膜っぽいものが水面を覆っているという超悪条件。
まったくサカナっ気が感じられず、早々に撤退。

こうなれば、本流の数少ないカバーを撃ち歩くしかない!
スピニングはドライブクローラーのジグヘッドワッキーでカバー周辺、ベイトタックルはドライブクローやゲーリーのシュリンプのテキサスリグでカバーのすき間を撃つ。
コンコンって軽いバイト。
DSC_0239.JPG
25cm。。。ドライブクローラーでした。
皮一枚で掛かっていて、ちょっと落としてしまった。。。バス君、ごめん。
同じパターンを探して撃ち歩く。
ちょっと沖目でボイルっぽい現象が見られたので、ベイトタックルにスピナベやクランクベイトを結んで巻く。

11時でギブアップ。。。
ま、ボーズではなかったものの、僕のウデで何とかなる状況でもなかったですね。。。
でも、やりきった感はあったので、納得はしています。

夜は、地元の花火大会。
マンションが川っぺりなんで、ホントに目の前で上がります。
DSC_0296.JPG
これは、部屋の窓から撮った写真です。

今週は、金曜日(明日)が出張で帰りも遅いんで土曜日は行けそうになし。
たぶん、日曜日かな。。。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

8/17、暑い暑い暑い。。。そして渋い。 [釣り(千葉・茨城)]

8/17(水)。
有休とって平日釣行。
でも、たぶん夏休みの方々も多かったことでしょうから、ここ数日で散々、叩かれている可能性が大。。。

4時半、ST川着。
本流でボイルが見られたんで、とりあえずYAMATO Jr.でちゃっちゃっと探ってたらKazuさん登場。
水路出口と本流に分かれて探るも反応なし。
一足先に水路上流へ向かったKazuさんを追うように入ってみる。
ルアーはドライブクローラーのジグヘッドワッキー(スピニングタックル)、ドライブクローのヘビダン(ベイト)。
……まったく反応なし

やっぱりプレッシャーが頂点なのか?
あと、ホンの数十センチなんだけど、減水している。
この水路での減水は明らかにマイナス要因。プレッシャーよりもこっちの影響が大きいような……。
でもKazuさんがキャッチしているので、サカナはいる!と信じてとりあえずキープキャスティング。
……まったく反応なし
いや、1回だけドライブスティックのバックスライド・セッティングにバイトがあったけどすっぽ抜けました。。。

Kazuさんが移動した後も、どーにも納得いかず水路に残る。
今度はドライブクローラーをネコリグにして最上流で試すとヒット!も、バラす。たぶん30cm強。。。
ゆらゆらしたフォーリングよりも、ストン!と落としてヨコの動きか?
ってことでネコリグを継続。
DSC_0236.JPG
やっと。34cmくらい。いいファイトでした。

さらに、
DSC_0237.JPG
36cm。これが正解……とは言わないけど、とりあえずボーズは逃れました。。。
Kazuさんに連絡、最後にまた合流しましたが、お互い何もナシ。

いや~、Kazuさん、おつかれさまでした。
渋かった&暑かったっすね~。
少しでも雨ふって水が入れ替わっていけば、まだイケると思います。
また、ご一緒しましょう!

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

8/12、ST川あたり。 [釣り(千葉・茨城)]

8/12(金)。体調不良やら天候不良やらで8月最初の釣行。ってゆーか、先々週、ちょっとだけ行ったんだけど、到着と同時の豪雨で即撤退してました。。。

久々の平日釣行とはいえ、世の中も夏休みの人が多いんであんまり関係ないだろう、と。
4時半、まだ薄暗いなか到着。
本流をバズベイトで流すも異常なし。
日差しが強烈になる8時台までの勝負だと思っているので、早々に水路の上流へ。
とにかく1本獲って落ち着きたいのでいきなりドライブクローラー(ジグヘッドワッキー)で。
1投目。
DSC_0230.JPG
33cmくらい。あっさりすぎてちょっとびっくり。
スリムヤマセンコーにチェンジして下流へ向かうも、あとが続かない。。。ドライブクローラーにチェンジしたいけど、今月はまだ入手できてないんで残りが少なすぎる。。。
撃ちながら下流へ下るも、ノーバイト。
合流部近辺ののカバーを撃つ戦略にチェンジ。
というのも、結構増水しているように見えたのだ。
去年までなら、完全にミズヒマワリのパターンだけど、今年はそうもいかないのがツラい。。。

超ショートリーダーのヘビダンにドライブクロー3inをリグる。
実は、これは昨年の7月末~8月のヒットパターンなのだ。
超スローにカバ周辺をユラユラさせると、ホントに足もとでスーっとラインが動く。
ワンテンポ送って、ガッツリあわせると、一気に走られました。
16lbラインを信じて強引に寄せる。デカっ!!!確実に今年最大。ってゆーか、バス釣り歴のなかでも最大クラスかも。。。
いくらベイトタックルでも抜き上げるのはムリ。手を伸ばそうと体勢を整えた一瞬――。
エラ洗い食らってフックオフ。。。


悔やんでも悔やみきれない……。顎を貫けてなかったのか?
DSC_0231.JPG
写真は、ボロボロにされたドライブクロー。両ツメもがれてます。。。

もう帰ろうかな、と思ったけど、意外とローライトなカンジなのでもう少し粘ることに。
水路に再度挑戦。
ドライブクローラーのジグヘッドワッキーを最上流の最も強い流れに放り込むと。。。
DSC_0233.JPG
34cm。かなり引きました。でも、なぁ。さっきのが、なぁ。。。

次は、柵がある足場の高いエリア。ベイトタックル限定エリアです。
DSC_0234.JPG
30cmちょい。ドライブクロー3in、ヘビダン。そう、さっきバラしたリグ。
これ、やっぱり効くんだな。
ちょっとモチベーションが上がったんで、本流に戻ってカバーを再度、撃ちまわるもノーバイト。
日差しがキツくなってきたんで9時半で撤収しました。。。

休日だろうが平日だろうが変わらない釣果。
ってゆーか、あの1本、当分尾を引きそうです(泣

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。