So-net無料ブログ作成

6/25、キレイな川。 [釣り(千葉・茨城)]

6/25(土)。
さんざん悩んだ挙句、キレイな水の川へ。そろそろハイシーズンは終わるということですし……。

まずは入ろうと思っていたポイントには先行者。近くでやってみたけど、何もなさげなので早々に見切って対岸のテトラ帯へ。
こっちにも先行者はいましたが、多少はエリアが広いのでやりやすい。
しかも、小さい口は回遊待ちがメインなので、STで培ったタコ粘りも可(^^;
ベイトの気配も見えバスも発見したけど、バイトが遠い。。。
アングリースティックのヘビダンをメインに回遊待ち。
すると、すぐ近くのシャローでボイル!
で、たまたまスピニングタックルでリグってたドライブクロー3inのノーシンカーを近くに投げ込むと……
DSC_0177.JPG
27cmくらい。あっさり食ってきました。
そっか、このパターンもありだな。ちょっと勉強になりました。

でも、その後は待てど暮らせどノーバイト。ボイルのたびに狙ってキャストしてみるけど、タイミングがなかなか合わないみたい。。。
ふと思いついて水温を測ると、24℃……って、STより高いぞ、おい。。。

こりゃ、小さな口がシャローで捕食するような環境じゃないな、うん。
やっぱり深いところで回遊待ち、ってことでヘビダンをガンガン投げまくることに。
さらに、シャローとはいえノーシンカーで食ったということで少しでもフワフワ感を出すべく、リーダーをかなり長めにセット。
すると……。
DSC_0179.JPG
35cmくらい。
これが正解か?


と、思ったけどそんなに甘くなかったようです。
その後はお昼までほぼノーバイト。
アングリースティックのテール切れは結構あったんですけどね……。

次回はSTかな。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

6/18、ST川。 [釣り(千葉・茨城)]

6/18(土)。4時起床。ST川着、5時過ぎ。
まずはいつもの水路に入りました。

雨降ったわりには水が少ないのが気にかかりましたが、まったく反応ナシ。
本流をのぞくと、ベイトフィッシュがわんさか湧いてる(^^;

お約束のようにトップウォーターから入ったけど反応ナシ。
フリックシェイクのジグヘッドワッキーに変えたとたんにバイト。小バスを通り越したマイクロバス、抜き上げたと同時にオートリリース。。。
どうやら、こんなサイズが群れてるみたい。
立て続けにバイト。
お、今度はちょっと大きい……と思ったらフックオフ_| ̄|○

マズい。いかんリズムにハマりつつある。
フックを交換して再度フリックシェイクで探る。
気分も変えようと水路をさかのぼる。
やっと1本。
DSC_0169.JPG
32cm。フリックシェイク・サイトマスター4.8inのジグヘッドワッキー。
ここで思い出したように水温計測。
15.6℃。
マジ? 先週よりぜんぜん低いじゃん。雨の影響か?
本流を測ると16.8度。
この水路は本流よりも冷たいのが常だけど。。。
全体的に水温が下がってるのは間違いなさそう。

とりあえず、減水+水温低下ではシャローはない、と判断。
ベイトが群れてるのもやや沖目。
ってことでクランクベイトやスピナーベイトを巻いてみたけど、やっぱり根気が続かない。。。

水路にサカナがいたのは間違いないんで、今日はここでタコ粘ろう、と決意。
が、バイトはあっても、どーしても乗せられない。。。( T_T)
ショートバイトなのか、オレがヘタなのか?
ま、間違いなく後者だな、うん。

じれてきたんでちょい移動。
少しだけ下流にある小さなインレット。去年まではミズヒマワリが密生していてカバー撃ちが楽しめたけど、今年はひたすら護岸が続いているのみ。。。
でも、ここでもベイトフィッシュが湧いている。
フリックシェイク4.8inを護岸沿いに引くと。。。
スーっと沖に持っていかれる気配。スイープにあわせて……。
乗った!と思った直後にフックオフ(T-T)

ダメだ、今日は。。。

なかばあきらめながらフリックをひたすらシェイクすると。
DSC_0171.JPG
15cmくらい。こんなの乗せられるなら、さっきのちゃんと乗せろよ……と自分に突っ込んだところでタイムアップ。

たまにある、典型的なリズムに乗れない日。
ま、ボーズじゃなかっただけよしとしよう、うん、

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

6/12、久々のホーム。 [釣り(千葉・茨城)]

6/12(日)。

火~金曜日の大阪出張のダメージが抜け切れず、土曜日は沈没。まぁ、雨降ってたしね。
ってなわけで、結構久しぶりの日曜日釣行。
これまた久々のホーム、ST川へ。

案の定、雨の影響で濁りが入ってるけど、GWあたりに比べればはるかにマシ。ベイトフィッシュの気配も濃厚。問題は、ちょっと寝坊したせいかすでに一通り叩かれた後という気配も濃厚という点だな。。。
本流は後回しにすることにして、プレッシャーがよりキツそうな水路へ。
かなり流れが速いけど、ここなら慣れてるからさほど苦にはならない。
上流からここでの鉄板であるゲーリー・スリムヤマセンコー(ジグヘッドワッキー)とOSPのドライブクロー(ヘビダン)で流す。

まず1本目。
DSC_0164.JPG
30cmくらい。スリムヤマセンコー。
フリックシェイクやカトテとローテーションしながら下流に向かって流す。足場の高いエリアではヘビダン。
本流近くに到達したところで見たことあるヤツがやってるなぁ、と思ったら学生の頃の同期(^^;
10数年前は毎週、水郷通いをした仲で一昨年、STに案内したこともあるんで会っても不思議はないけど……。
O川から巡回してきてまだ釣れてない、ってゆーんで可能性を求めてH川上流部に連れて行くことに。
二人とも「巻く釣り」をほとんどしないという共通点があるだけに、できるだけ小場所の方がやりやすいのだ。
水はいいカンジに見えるけど、思ったより少ないかな……。
もう少し増水してくれていれば、シャローにサカナがつくんだけど。
水温も17~18度とこの季節にしては低め。雨の影響かな。。。

しばらくシャローを撃ってみて、サカナがいないことを確信。ギルのバイトすらない。
水温の影響下、それともどアフターでいったんミドルからディープに落ちてるのか。そうなると巻く釣り以外にはあり得ないけど。。。

2人ともタイムリミットはお昼まで。
最も可能性が高いのは水路と意見が一致。
あそこでタコ粘ろう、ってことで舞い戻る。

またもや上流から。
スリムヤマセンコーを足元の水面近くで漂わせてると、下から思いっきり食い上げてきた!
いいサイズ……と思いきやすっぽ抜け。
ルアーと気分を変えるべく、OSPのドライブスティック6.5inをバックスライド・セッティングにリグる。
一発。
DSC_0165.JPG
20cm強。。。
このルアーでは、さすがにサイズは選べません……。

友人もすぐに1本、30cmくらい。
とりあえず2人ともボーズ脱出ってことでよかったよかった。
友人もリグをDSに切り替えたらすぐに釣れた……ってことは、明らかにサカナは浮いていて底べったりでは食わない、ってことか。

ってことでやりにくいことこのうえないけど、ノーシンカーで中層をドリフトさせるイメージで流す。
小バスもしくはギルバイト多数。。。
友人は1本、15cmくらいのを追加してタイムアップ。
僕はその後、1時間くらい粘ったけど追加ならず。

季節の進行が遅いのか、今、どアフターってカンジ。
回復モードには、あと1~2週間ってとこかなぁ。
どっちにせよ、本流はミズヒマワリがないためカバーがない。撃つ釣りが主流の僕みたいなアングラーにはつらいフィールドになってしまいました。。。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村

6/4、キレイな川。 [釣り(千葉・茨城)]

6/4(土)。
STとどっちにしようかな、と悩んだ挙句、キレイな川へ(^_^;
えぇ、ちょっとだけ味をしめてます。。。

Kazuさんのブログでちょっとだけ覚悟していたけど、やっぱり増水&急流。人も少ないです。
まずは、先日最初に釣った(釣らせてもらった)ポイントへ。
すでに先行者が入っていたので、少し離れたところからアプローチしますが、エライ流れでうまくルアーを泳がすことができません。
先行者の方も釣れてる気配なし。ちょっとお話しましたが、やっぱりダメなようです。

DS中心に、ジグヘッド、スモラバ、スプリットショットなどあらゆるリグ/ルアーをとっかえひっかえ、場所もこの前行かなかったところまでやってみましたが、まったくノー感じ。
人が少ないのは、少ない理由がある、ってことですね( T_T)
常連さんっぽい人は、一人たりともいませんでした……。

流れが少し緩やかなポイントでよーやく、初バイト。立て続けにバイト、も乗らない。
小さな小さい口(^^;かなぁ、と少しゆっくり食わせてみると。
DSC_0155.JPG
コイツかよ。。。レッグワームのDS。
かる~く、戦意喪失。

対岸に渡って朝ごパンを頬張り、さて、どうしたものかとチと悩む。
この流れ、しかも、この前見えていたテトラが水没してインビジブル化している状況で、ボクのテクではスピニングでのライトリグはちょっとしんどい。バイトを得ても、ラインブレイクの可能性、大ですからね。
というわけで、ベイトタックルを引っ張りだしてヘビダンにリグる。
ルアーは切り札、ゲーリーのアングリースティック
この前同様、こっちは水がちょっと汚いけど、ベイトフィッシュの気配はむしろ濃厚。
で、テトラ付近での1投目。
DSC_0156.JPG
35cm。走られそうになったけど、タックルのパワーを信じてぶっこ抜きました。
心の底からホッとして、同じパターンを探して歩く。
沿岸部が水没していて歩きにくいことこのうえなしっす……。
この前、最後にKazuさんが釣っていたエリアはテトラがほとんど水没してアプローチが難しいけど、かかったらぶっこ抜く!と決心して流す。
ラインに違和感。あわせると一気に走られました。
強引にテトラを乗り越えさせて……40up確定!
よし、と手を伸ばしたら……。
最後のひと暴れでフックオフ_| ̄|○
アワセが弱かったのか?
フックを見ると、少し伸びてる……。どんだけファイトするねん。。。
ラインはテトラに擦られてガビガビ。とりあえずラインブレイクでなかっただけよかったとしよう。

しつこく粘ったけど、まったくバイトも得られず。
で、隣の川、それも土地勘のある中~下流部に移動。意外と近いのね。。。
ま、予想通りのノー感じ。ここ、朝イチと夕方以外で釣れたことないもんね。。。

お昼、納竿。
次回は、ST川ですかね、うん。

にほんブログ村 釣りブログ バスフィッシングへ
にほんブログ村
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。